製造技術・開発

技術部写真1

床材、壁紙の製造メーカーとして重要な要素は、4つある。意匠、機能、品質、製造コストだ。
技術部は、製品の機能と製造コストとに大きく関わっている。

デスク、あるいは実験台を前にデータ分析や試験を行う。
そんなイメージをもたれがちの技術部だが、その仕事内容は随分活動的な側面がある。

企画部との新製品に関するやり取りは日常茶飯事。

技術部写真2

それにもまして密に行われるのが製造工程のスタッフとの様々なやり取りだ。

試作品を製造工程に乗せる際の説明や立会いは勿論、製造工程での様々な要望を聞き取り、技術的な課題を解決する。
どれも机に座っているだけでは解決しない仕事ばかり。お客様のご要望の意匠をデザインする企画部。そして実際に機能、コストを設計し製品を作り出すのが技術部の役割だ。

技術部写真3

新しい提案は、市場のニーズに裏づけされている壁紙と床材は、住環境において最も重要なものの一つ。

デザインや機能が市場ニーズに合致し、広くお客様に認められ、受け入れられる製品を創ること。 丈夫で長持ち、お手入れが簡単などはもちろん、軽くて施工が容易で、リフォームに最適な床材、壁紙などとニーズは変化している。 これらの変化を先取りし、素早く対応して行くことが不可欠だ。

技術部は今日、明日しなければならない仕事に追いかけられてはいる。
しかし、いつでも市場が大切、「床、壁の未来を創るのは自分たち」という集団だ。

技術部写真4

街角にある建造物、あるいはドラマのワンシーンとして登場する壁面や床を観ても、自分がこだわりをもって開発した製品だからすぐに分かる。 あの俳優のうしろに、ウチの製品が!技術部の人々の(だけではありませんが)、小さな楽しみだ。

お問い合わせ
CLOSE